evergreen
競馬関連の予想、情報、日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
中山牝馬S分析と考察
中山記念の傾向と結果について触れると、
中団からの連対が多く、上がり最速馬の連対率が高い。
スローの場合、断然先行有利で、ハイの場合追込みが有利。
当然のようだが顕著な傾向である。

今年の中山記念は逃げ馬不在で、スローな展開で、先行2番手バランスオブゲームが抜け出し優勝。
上がり最速馬のカンパニーがスローでも2着に食い込んだ。
データと合致した結果となった。


本題の中山牝馬だが、脚質的には中団の差し有利。
上がり最速馬の連対率も高く、複勝圏内はかなりの高確率。
三連単派には重要なデータである。
しかし、一般的に中山記念のように、ハイペースで上がり最速馬が有利であるが、
これと逆行した傾向にある。
ここ三年、中山の馬場改修によりタイムが速く、
(※皐月賞でもノーリーズンがレコードを記録)
持ちタイムが速いマイラータイプを評価したい。

☆☆ その他の競馬情報 ☆☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.

サウスニアレースホースクラブ
出会い系に自腹で潜入!?
……ホントにやっちゃってるらしく(w

グーグル ページランク