evergreen
競馬関連の予想、情報、日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ディープ、急遽追い切り
 前日に木曜追い切りが発表されていたディープインパクトが、急転、DWコースで武豊騎手を背に万全追いを敢行。ラスト1ハロン11秒5と、変わらぬ切れ味だが…。

 火曜の午後に「追い切りは木曜に変更しました」と陣営が発表し武騎手にもJRAにも陣営から木曜追いの連絡が入り、誰もがこの日はキャンターだけと見守っていた。それが急遽水曜追い。ディープがDWコースで速いラップを刻みだした瞬間に、スタンドの報道陣が驚嘆。

 ラスト1ハロン11秒5。「朝になって調教を変えることはありますから。木曜が妥当だとは思っていましたが天候が悪い感じもあったので。先週速い時計を出しているから、幾分ゆっくりとね。予定通りの調教ができました」と池江泰郎調教師。当初水曜に追い切りを予定しながら一旦は木曜に変更した陣営が、最後にいつも通りの水曜追いを選択した。

 2馬身先行したフェイトトリックス(牡4、500万下)を追いかけることはなく、3コーナー過ぎから徐々に差を詰め、馬体が合わさったのは直線のラスト1ハロンの手前。、グッと伸びて半馬身先着だ。全体のタイムこそ6ハロン83秒2、3ハロンも39秒2と平凡だが、ラスト1ハロンはさすがの爆発力。

 これまでは日曜に時計を出してきたが、雪の予報が出たため土曜に変更。全休日明けの火曜には、体ができあがっていることもあるが、坂路1本の調整(いつもはDWコースも併用)で、テンションが上がらないように努めた。この時期の不順な天候を考慮しながら異例の木曜追いをシミュレートしたのも、慎重の上に慎重を期す姿勢から。

 最終追い切りについて、武豊騎手は「折り合いもついてたし、直線ではちゃんと手前も替えていた。GOサインにも反応していました。」状態については「飛び切り良くなったということはないけど、順調ですね。順調を保つことが大変だからね。スタッフが良くやっていてくれたおかげですよ。」
 問題ないとの発言だが、木曜日に予定していた追い切りを急遽水曜に変更したことは順調なのだろうか。

☆☆ 競馬blogランキング ☆☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.

サウスニアレースホースクラブ
出会い系に自腹で潜入!?
……ホントにやっちゃってるらしく(w

グーグル ページランク