evergreen
競馬関連の予想、情報、日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ディープ、欧州遠征
 昨年、21年ぶりに無敗の3冠馬に輝いたディープインパクト(牡4)が、夏の欧州G1へ挑戦する可能性があることを明らかにした。春の目標である天皇賞春以降、同馬の動向から目が離せない。

 ディープインパクトの金子真人オーナーが、海外挑戦へ前向き発言した。「春は天皇賞が目標になります」と前置きした上で「夏にヨーロッパのいいレースがあれば考えたい。海外の競馬については、キングジョージや凱旋門賞を含め、勉強しているところです。遠征にはいろいろなことがあると思う。それでも守りに入らず考えていきたい」と心境を語った。

 夏場の欧州競馬で主要なG1といえば、上半期の最強馬を決める英キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS(G1、芝2400m7月29日)。00年には皐月賞馬エアシャカールが武豊騎手とのコンビで挑戦して5着に敗れている。この春、インパクトの最大目標は4月30日の天皇賞。この一戦後なら、レースまで約3カ月と準備期間は十分にある。

 金子オーナーは、インパクトを3月ドバイ国際3競走へ予備登録も行い、すべて回避したが、海外遠征にも積極的で、ワールドCにはカネヒキリの正式参戦を決めた。天皇賞後の体調次第だが、出走態勢さえ整えば実現の可能性は高い。

 この日、武豊騎手(36)は「世界へ行っても通じる馬」と、あらためてインパクトの能力の高さに言及した。

☆☆ 競馬blogランキング ☆☆
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.

サウスニアレースホースクラブ
出会い系に自腹で潜入!?
……ホントにやっちゃってるらしく(w

グーグル ページランク