evergreen
競馬関連の予想、情報、日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
伏兵・ダイヤモンドヘッド
 休み明けのデイリー杯2歳Sでマルカシェンクの2着に健闘したダイアモンドヘッドが3強に割って入れるか。

 池江寿調教師は「以前はトモに実が入っていない感じだったが、だいぶ成長してきた。瞬発力では見劣るけど、長くいい脚を使うから中山のマイルは合っていると思うよ」と、このメンバーでも色気十分の様子。

 ダイアモンドヘッドの最終追いは、併走馬の予想外の抵抗に遭った。1馬身半ほど先行したゼンノマルビナス(2歳未勝利)が馬なりで余裕の走りを見せる中、こちらは追って追ってギリギリの併入。池江泰寿師(36)も「坂路では派手な時計が出ていない馬だからね。相手を追いかけているし…」と苦笑い。

 それでもゼンノに乗っていたのは体重の軽い藤岡騎手で、ダイアモンドの吉村助手とは6キロ程の体重差がある。「しまいは12秒台。今日の馬場ならまずまず。前走よりもパワーアップしている」(同師)。力を必要とする馬場状態の坂路で52秒9-12秒9なら、まず合格点を与えられる。

 キャリア1戦、久々と不利な条件が重なったデイリー杯2歳Sでマルカシェンクの2着に好走した。今回は当然、前進を期待できる。手綱を取る武豊騎手は意外なことに朝日杯での勝利はないが「中山マイルは向いている。ユタカ君も勝っていないG1だし、僕自身も初G1。協力できればいい」。開業2年目でのGⅠ初制覇に、若手トレーナーは意欲を見せていた。

 ショウナンタキオンが出遅れ癖があり追込み型で、朝日杯FSは好位抜け出しが目立つ傾向にあるため、3強に食い込むシーンも検討したい。鞍上の武豊かも人気薄で魅力。


☆☆ 競馬blogランキング ☆☆
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.

サウスニアレースホースクラブ
出会い系に自腹で潜入!?
……ホントにやっちゃってるらしく(w

グーグル ページランク